会社情報Corporate profile

トップメッセージ

代表写真 代表取締役社長 川北 晃司

当社は、1988年に第一工業製薬株式会社より、粉末射出成形(PIM)用コンパウンドの開発、製品販売のための関連会社として誕生いたしました。
独自開発のバインダーと混練技術を基に、セラミックス粉末射出成形(CIM)用コンパウンドや金属粉末射出成形(MIM)用コンパウンドの開発、製品化を行ってまいりました。
今後も第一工業製薬グループの強みを生かし、粉末と樹脂の混練に関するユニークな製品の技術開発を進め、きらりと光るユニ・トップ企業を目指してまいります。全社員が力を合わせ、お客様皆様方からより一層の信頼を頂ける様、鋭意努力してまいります。
今後とも一層のご理解と、ご支援を賜ります様宜しくお願い申し上げます。

品質第一 原価逓減 研究努力

経営理念

当社は、親会社の第一工業製薬株式会社の社訓である、「品質第一」「原価逓減」「研究努力」を基本精神とし、お客様にご満足いただける製品を創るために全力を尽くします。

Quality First

Cost Reduction

R&D Efforts

会社概要

商号 第一セラモ株式会社
所在地 〒529-1403 滋賀県東近江市五個荘日吉町432番地
TEL 0748-48-5377
FAX 0748-48-5322
代表取締役社長 川北 晃司
設立年月日 1988年10月
株主 第一工業製薬株式会社
資本金 5,000万円
事業内容 PIM用コンパウンド製品
PIM用コンパウンド製品の受託製造
ISO 9001 ISO logo

ISO9001認証取得
登録証番号:JQA-QMA14290

沿革

1982年4月 ファインセラミック分野でのお客様からのご要求が急増したため、親会社、「第一工業製薬(株)」技術開発本部内にセラミック研究グループを新設し、粉末成形用各種薬剤(結合剤、分散剤、潤滑剤、離型剤等)に関する製品及び技術サービスを強化する
1985年4月 PIM用セラミックスコンパウンドを開発
1986年4月 PIM用メタルコンパウンドの開発を開始
1988年10月 第一工業製薬(株)からセラミックス研究グループのPIM部門が分離独立し、有限会社第一セラモとなる
1989年12月 本社工場竣工、設備移転を開始
1990年3月 同地に本社工場を移転
1999年8月 第一セラモ株式会社となる
2007年5月 (株)大阪工研協会から、第57回工業技術賞を受賞
2011年1月 ISO9001認証を取得
2017年4月 3Dプリンター用コンパウンドの開発を開始
2018年10月 創立30周年を迎える

アクセス

会社外観
電車・バス・タクシー
JR東海道線(琵琶湖線)能登川駅(新快速停車駅)京都から新快速で約40分、米原から新快速で約15分
近江バス…JR能登川駅発・八日市行き、五個荘日吉バス停下車すぐ(乗車約5分)
JR能登川駅よりタクシー で約5分
自動車
名神高速道路、名古屋方面から彦根インターより約30分、大阪方面から竜王インターより約30分
国道8号線・簗瀬交差点を西に入る